ルールに基づく会話で失言リスクを防ぐ
No.1

“Kiku-Hana”は論理型の言語処理システムであるため、ルールに基づく発言のみを行います。

No.1“Kiku-Hana”は論理型の言語処理システムであるため、ルールに基づく発言のみを行います。

No.2

万が一不適切な発言と受け取られかねない発言をしてしまったとしても、原因の特定が容易で、ルールを追加・変更することで、すぐにその発言を停止することが出来ます。

No.2万が一不適切な発言と受け取られかねない発言をしてしまったとしても、原因の特定が容易で、ルールを追加・変更することで、すぐにその発言を停止することが出来ます。

Kiku-Hana
Deep Learning型言語処理サービス

現在、他社から提供されているAIチャットボットの多くはDeep Learning型の言語処理システムを採用しています。
Deep Learning型の言語処理システムは、大量のコーパスを元にアルゴリズムを自動で生成する仕組みのため、発話ロジックがブラックボックスになります。よって、ユーザーの悪意ある発言も学習してしまい不適切な発言繰り返してしまったり、不適切な発言を停止するロジックを追加しようと思っても、膨大な学習・検証が必要になったりし、容易には追加できない弱点があります。