他APIや企業内DBとの連携も可能
No.1

対話生成にあたっては、豊富なインターフェースツールで連携させることで、企業の既存システムやデータベースを参照したワードやフレーズを利用することが可能です。
また、ユーザーの性別や生年月日、興味範囲等が分かっていれば、性別や年齢、興味内容に合わせた返答を行うことも可能です。

No.1対話生成にあたっては、豊富なインターフェースツールで連携させることで、企業の既存システムやデータベースを参照したワードやフレーズを利用することが可能です。
また、ユーザーの性別や生年月日、興味範囲等が分かっていれば、性別や年齢、興味内容に合わせた返答を行うことも可能です。

連携
No.2

API等で提供される情報を参照しニュースや天気予報を会話させたり、さらには天気や気温などの条件に基づき、対話内容を変化させることが可能です。

No.2API等で提供される情報を参照しニュースや天気予報を会話させたり、さらには天気や気温などの条件に基づき、対話内容を変化させることが可能です。

No.3

当社のTV Live Meta ModuleやTV等のメディアの後メタ情報などと連携させることで、メディアでの話題を参照した返答なども行うことが可能です。

No.3当社のTV Live Meta ModuleやTV等のメディアの後メタ情報などと連携させることで、メディアでの話題を参照した返答なども行うことが可能です。

企業のデータベースや外部情報との連携